【2022年版】IT導入補助金がまもなく開始!変更点やスケジュールまとめ!

【注意!】CHASE・LIFE申請をしても加算が取れるとは限りません

【注意!】CHASE・LIFE申請をしても加算が取れるとは限りません

2021年4月、CAHSEがLIFEへと名称を変え、かなり多くの加算の算定要件に設定されています。

しかし、現状ある介護ソフトの多くは対応が進んでいないことが現状です。CHASE(LIFE)を申請し、データを提出できる準備ができたとしても、実際にデータを提出することは難しいかもしれません。

 

CAHSE・LIFE活用が算定要件の加算

CHASE(LIFE)とVISITへのデータ提出が算定要件とされているのはこちらの加算です。

  • リハビリテーションマネジメント加算
  • リハビリテーションマネジメント計画書情報加算
  • 理学療法、作業療法及び言語聴覚療法に係る加算
  • 栄養アセスメント加算
  • 科学的介護推進体制加算
  • ADL維持等加算
  • 自立支援促進加算
  • 褥瘡マネジメント加算
  • 排せつ支援加算

かなり多くの加算が対象になっており、上位区分の取得の条件ではなく、加算自体の条件になっている場合も多いです。

 

CAHSE・LIFE活用が算定要件へデータ提出するには?

介護ソフトを使う

一番簡単な方法は介護ソフトを使う方法です。利用者情報や請求データ、記録データをソフト上に入力しておけば、データをまとめて出力することができます。

しかし、現在(2021年2月15日)時点で、厚生労働省は「どの加算でどのデータが必要なのか?」「データの並び順はどうなのか?」などを発表していません。実際に運用が始まる4月を目前にまだ発表になっていないません。

ソフトの開発スケジュールを考えると4月から対応をするのは一部メーカのみか、ほとんどのメーカーが対応が難しいのではと思われます。

現在のCHASEのデータ出力に対応しているメーカはこちらの記事でまとめていますので、気になる方はご覧ください。

LIFEに対応している介護ソフトメーカーまとめ!【2021年最新版】LIFEに対応している介護ソフトメーカーまとめ!

 

CHASE・LIFE画面で直接入力

どの事業所でも対応できるように、CHASE(LIFE)の画面上で直接入力することが可能です。

しかし、膨大なデータを入力する必要があり、あまり現実的ではありません。

 

まずは登録申請を!

4月から実施になりますが、直前に申請を行うとかなり混雑することが予想されます。

申請はすでに可能になっていますので、早めの申請をおすすめします。

 

CHASEの(LIFE)申請はこちら

 

▼令和3年度介護の改正情報はこちら
【令和3年度改正】介護保険報酬改定情報まとめ【令和3年度改正】介護保険報酬改定情報まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA