お知らせ!
相談掲示板ができました!

児童指導員等加配加算とは?算定要件とポイントのまとめ!【令和6年度改定】

児童指導員等加配加算とは?算定要件とポイントのまとめ!【令和6年度改定】

記事内に広告を含みます

児童指導員等加配加算の概要

児童指導員等加配加算について、専門職による支援の評価は専門的支援加算により行うこととし、経験ある人材の活用・評価を推進する観点から、配置形態(常勤・非常勤等)や経験年数に応じた評価が行われる加算です。

児童指導員等加配加算の対象事業者

児童発達支援、放課後等デイサービス

児童指導員等加配加算の算定要件は?

児童指導員等加配加算の算定要件

厚生労働省から情報が発表され次第、情報の更新を行います。

児童指導員等加配加算の取得単位

児童指導員等を配置児童発達支援センター(障害児)児童発達支援事業所(障害児)
常勤専従・経験5年以上22~62単位/日75~187単位/日
常勤専従・経験5年未満18~51単位/日59~152単位/日
常勤換算・経験5年以上15~41単位/日49~123単位/日
常勤換算・経験5年未満13~36単位/日43~107単位/日
その他の従業者を配置11~30単位/日36~ 90単位/日

「経験」は児童福祉事業等に従事した経験年数です。

児童発達支援センター(障害児)児童発達支援事業所(障害児)
理学療法士等を配置22~62単位/日75~187単位/日
児童指導員等を配置15~41単位/日49~123単位/日
その他の従業者を配置11~30単位/日36~ 90単位/日

※区分に応じて単位数が異なります。

児童指導員等加配加算のQ&A

厚生労働省から情報が発表され次第、情報の更新を行います。

児童指導員等加配加算の解釈通知など

厚生労働省から情報が発表され次第、情報の更新を行います。

コメントを残す