【2022年版】IT導入補助金がまもなく開始!変更点やスケジュールまとめ!

カナミックを導入したメリットとデメリットは?おすすめの事業種別は?

カナミックを導入したメリットとデメリットは?おすすめの事業種別は?

介護ソフトの「カナミック」について、導入する前に知っておいてほしいメリット・デメリットをまとめました!

メリットとデメリット

サクッと内容が分かるようにまとめました。

メリット
  • 業務に沿ったシステム構成になっている
  • クラウドに対応している
  • 全事業種別でタブレットが使える
  • Web明細と郵送代行ができる
  • 外国人介護職員に優しい翻訳機能付きタブレット

デメリット
  • ワイズマンの方が使える
  • サポートの対応が微妙
  • サーバーが重く、繋がりづらい時が多い

介護ソフトの資料はこちら

介護ソフトの資料請求なら「介護ソフトナビ」がおすすめです!

複数のメーカーに対して一括で資料請求ができ、まとめて比較が簡単にできます。簡単にまとめて資料請求ができるので、複数のメーカーから検討す際には必ずご利用ください!!

メリット

業務に沿ったシステム構成になっている

出店:カナミック公式サイト

カナミックの介護ソフトは業務の流れに沿ったシステム構成になっています。そのため、普段の業務をスムーズに進めることができます。

画面を順番に進んでいけば、普段の業務ができるようになっていることで、業務負担がかなり軽減されるようになっています。

クラウド対応

出店:カナミック公式サイト

カナミックはすべてクラウドで利用するシステムになっています。自宅でも、タブレットでも場所を選ばず利用することができます。

タブレットが使える!

記録や居宅介護支援、福祉用具のアプリがあり、スマホから記録をしたりすることができます。

介護ソフトメーカー各社でこうしたアプリはありますが、記録アプリは2021年にリリースしました。昔からあるアプリだとデザインが古かったりしますが、最近リリースしているので、使いやすいアプリになっています。

請求書のWeb明細と郵送代行ができる!

介護ソフトメーカーでは唯一「Web明細」が利用できます。

通常、利用者への請求書などの送付は紙で行われますがそれがWeb上で完結することができます。しかも同時に郵便郵送も代行してくれるので、自事業所で郵送作業をすることがなくなるんです!

これはかなり事務作業の削減になるので、このために利用する事業所もありそうです。

デメリット

ワイズマンの方が使えるらしい

ワイズマンという介護ソフトの方が使えるという口コミがあります。

ワイズマンは業界シェアトップのメーカーで、カナミックのシェアはワイズマンよりありませんので、シェアの大きさにもちゃんと理由があるんですね。

記録が消えることがある

https://twitter.com/agattje/status/1427599947671609348?s=20

「入力した記録が消える」

これは他の介護ソフトでもある話ですが、頻繁に起こるようであればサーバーの処理能力に不安がありますね。大きい企業になるほど、サーバーは強化されていきますので、大きい企業のソフトに変えるか、自分でサーバーを用意できる介護ソフトへ変更するしか対処法はなさそうです。

サポートの対応が微妙、、、

サポートセンターの対応はシステムの機能以上に大事です。パソコンがある程度分かる人であれば、マニュアルを見れば分かるかもしれませんが、そうでない人の場合はかなりむずか良いですよね。

サーバーが重い、つながらないことがある

https://twitter.com/natuzora_hm/status/1422919819951632392?s=20

上でも紹介しましたが、「サーバーが重く使い物にならないレベル」とのことです。

2021年8月頃、大規模な障害があり、数多くの事業所が請求業務に影響が出たようです。

https://twitter.com/koncon_nnn/status/1422843679148892164?s=20
https://twitter.com/agattje/status/1422750944140296194?s=20
https://twitter.com/0rekaigo/status/1422479699431677953?s=20

カナミックが向いているのはどんな事業所?

カナミックが向いている事業所は

・複数の事業種別を運営している
・タブレットを使いたい
・請求書をWeb化、郵送代行したい

です。

全事業種別にタブレットがあるので、事業所内のどこでも記録ができ効率化を図ることができます。

業界で唯一請求書をWeb化、郵送代行をしているので毎月の業務がかなり効率化され、その分を別の業務に割当られることができます。

カナミックが向いていないのはどんな事業所?

カナミックが向いていない事業所は

・安定したサーバーを使いたい
・安心したサポートセンターを利用したい

です。

毎月サーバーが重いですし、サポートセンターの対応もイマイチ。ずっと利用することを考えると定期的にストレスを感じることになるので、離職率が低くソフトを使いこなせる人がかならずいる場合には良さそうですが、そうでない場合はあまりおすすめできません。

介護ソフトの資料請求はこちら

介護ソフトはカナミック以外にもたくさんの介護ソフトがあります。

たくさんある介護ソフトの中から、あなたに合っている介護ソフトを選ぶには、色々な介護ソフトを知る必要があります。

介護ソフトナビでは、多くの介護ソフトからまとめて資料請求が可能になっています。介護ソフトを検討している方はまずは資料請求をするところから始めてみてください。

介護ソフトナビ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA