お知らせ!
相談掲示板ができました!

口腔連携強化加算とは?算定要件とポイントのまとめ!【令和6年度改定】

口腔連携強化加算とは?算定要件とポイントのまとめ!【令和6年度改定】

記事内に広告を含みます

口腔連携強化加算の概要

訪問系サービス及び短期入所系サービスにおいて、職員による利用者の口腔の状態の確認によって、歯科専門職による適切な口腔管理の実施につなげる観点から、事業所と歯科専門職の連携の下、介護職員等による口腔衛生状態及び口腔機能の評価の実施並びに利用者の同意の下の歯科医療機関及び介護支援専門員への情報提供を評価する新たな加算として設けられました。

口腔連携強化加算の対象事業者

訪問介護、訪問看護、訪問リハビリテーション、短期入所生活介護、短期入所療養介護、定期巡回・随時対応型訪問介護看護

口腔連携強化加算の算定要件は?

口腔連携強化加算の算定要件

  • 事業所の従業者が、口腔の健康状態の評価を実施した場合において、利用者の同意を得て、歯科医療機関及び介護支援専門員に対し、当該評価の結果を情報提供した場合に、1月に1回に限り所定単位数を加算する。
  • 事業所は利用者の口腔の健康状態に係る評価を行うに当たって、診療報酬の歯科点数表区分番号C000に掲げる歯科訪問診療料の算定の実績がある歯科医療機関の歯科医師又は歯科医師の指示を受けた歯科衛生士が、当該従業者からの相談等に対応する体制を確保し、その旨を文書等で取り決めていること。

口腔連携強化加算の取得単位

50単位/回

※1月に1回を限度として算定

コメントを残す