【2022年版】IT導入補助金がまもなく開始!変更点やスケジュールまとめ!

【2021最新版】意外と知らない厚労省のLIFEを利用する際の注意点まとめ

【2021最新版】意外と知らない厚労省のLIFEを利用する際の注意点まとめ

2021年4月から開始されたLIFEですが、始まったばかりの制度のため、多くの情報が発信され注意しなければならない点を見逃しがちです。

この記事ではLIFEを利用する際の注意点などをまとめて解説していきます。

ブラウザの設定は定期的にチェックしよう

LIFEを利用する際に一番最初に行うインターネットオプションの設定ですが、定期的に必ずチェックしてください。

複数人でそのパソコンを使っている場合や、Windowsアップデートによって勝手に設定が変わってしまうということが起こります。私はLIFE以外のシステムで勝手にアップデートされ失敗したことがあります。特にWindowsアップデートやEdgeのアップデートはアップデート範囲や量が多いので、すべての把握は不可能です。

この設定が変わってしまい、暗号化キーが消えてしまった場合、「初期化するか、バックアップからの復元」するしか方法がなくなります。

定期的に設定が変わっていないかチェックして、いつも設定同じであることを確認しておきましょう。

ブラウザの設定方法

■Internet Explorerの場合

LIFE_導入手順書
引用:LIFE導入手順書

■Microsoft Edgeの場合

LIFE_導入手順書
引用:LIFE導入手順書

■Microsoft Edge(Chromiumu版)の場合

LIFE_導入手順書
引用:LIFE導入手順書

バックアップは必ず定期的にとる

暗号化キーのバックアップは必ず取って保管してください。

LIFEクライアントでエラーの原因は「暗号化キーが消えてしまっている」ことが多いです。

暗号化キーをバックアップから復元できればすぐに使えるようになりますが、暗号化キーのバックアップがない場合は初期化するしか方法がありません。

暗号化キーのバックアップが無く、請求時期にエラーが出た場合は提出期限が間に合わず、加算の取得ができないことになりますので、必ずバックアップは取っておいてください。

少し分かりづらいかもしれませんが、初回ログイン時に暗号化キーを設定しますが、その文字を控えて置くのではありません。LIFEのネット画面上から出力できるExcelを保管しておく必要があります。

バックアップの出力方法

LIFE操作説明書
引用:LIFE操作説明書
LIFE操作説明書
引用:LIFE操作説明書
LIFE操作説明書
引用:LIFE操作説明書
LIFE操作説明書
引用:LIFE操作説明書
LIFE操作説明書
引用:LIFE操作説明書
LIFE操作説明書
引用:LIFE操作説明書

管理ユーザーと操作職員で別々のアカウントが必要

LIFEへデータを提出するには「管理ユーザー」と「操作ショック院ユーザー」の2つのユーザーが必要です。

それぞれ役割は下記の通りです。

 管理者ユーザー操作職員ユーザー
ログインID事業所番号10桁事業所番号10桁-”指定した文字”
利用者基本情報の入力
様式情報の入力
外部データ取込
(※介護ソフトから取り込む場合)
利用者情報のみ様式情報のみ

管理ユーザーだけではLIFEへのデータ提出を完了することはできず、操作職員ユーザーへ切り替えて入力などをする必要があります。

介護ソフトなどでLIFEへ提出するデータを作成している場合も、管理者ユーザーと操作職員ユーザーそれぞれで取込をする必要があります。

できるだけ1台での利用が理想

LIFEは複数端末で利用ができますが、できることなら1つの端末での利用がおすすめです。

上でも説明しましたが、暗号化キーのバックアップは管理者ユーザーのPCでのみ出力できます。その暗号化キーを操作職員ユーザーのパソコンへ随時取込を実施する必要があります。

引用:複数端末による運用編

具体的には利用者が増えたり減ったりした場合など、何かしら情報が変わった毎に取込が必要になります。

また、PCの設定を台数分設定し管理し、エラーが全く出ない状態までするのはパソコンが苦手な人にとっては難しい作業です。1台設定できて、バックアップの出力もできたのであれば1台での運用をおすすめします。

Q&Aを見よう

LIFEは2021年4月から本格的に始まり、厚生労働省や各県の介護保険課なども正確な情報が集まっていません。

推測で行動すると加算の取り消し、過誤請求をすることにもなりかねませんので、必ず根拠となる情報を確認した上でLIFEに関する入力やデータ提出を行いましょう。

現時点で一番信頼ができる公式のQ&Aと全国老人福祉施設協議会のQ&Aを紹介します。

LIFE公式Q&A

一番最初に確認をすべきQ&Aです。

全国老人福祉施設協議会 Q&A

全老施協が厚生労働省に確認を行った上で作成しているQ&Aです。現状では一番量が多く、詳しく書かれています。

Q&AだけじゃなくLIFEに関する情報がまとめられているので、一度はチェックしておくことをおすすめします。

問い合わせは早めに複数問い合せ先へ

LIFE公式の問い合わせは返答までに2週間程度かかります。

そして内容に具体的な内容が書かれていない場合などは見当違いの内容が返信されてきます。2週間待って、期待した内容の返答がもらえないのでは、2週間という時間が無駄に終わりますので、問い合わせをする際には具体的な内容で問い合わせをするようにしましょう。

また、LIFEクライアントはLIFEに関すること全てを答えてくれるわけではありません。加算の取得に関しては各介護保険課になりますので、内容によっては両方への問い合わせが必要になります。

問い合わせ先

・LIFEクライアントに関すること・・・LIFE公式の問い合わせフォーム

・加算取得に関すること・・・各介護保険課

おすすめの関連記事

LIFEのデータ活用する前に知っておきたいことLIFEのデータ活用する前に知っておきたいことLIFEに対応している介護ソフトメーカーまとめ!【2022年最新版】LIFEに対応している介護ソフトメーカーまとめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA