お知らせ!
相談掲示板ができました!

生産性向上推進体制加算とは?算定要件とポイントのまとめ!【令和6年度改定】

生産性向上推進体制加算とは?算定要件とポイントのまとめ!【令和6年度改定】

記事内に広告を含みます

生産性向上推進体制加算の概要

介護ロボットやICT等の導入後の継続的なテクノロジー活用を支援するため、見守り機器等のテクノロジーを導入し、生産性向上ガイドラインに基づいた業務改善を継続的に行うとともに、効果に関するデータ提出を行うことを評価する新たな加算を設ける。

生産性向上推進体制加算の対象事業者

短期入所系サービス、居住系サービス、多機能系サービス、施設系サービス

生産性向上推進体制加算の算定要件は?

生産性向上推進体制加算(I)の算定要件

  • (Ⅱ)の要件を満たし、(Ⅱ)のデータにより業務改善の取組による成果が確認されたこと。
  • 見守り機器等のテクノロジーを複数導入していること。
  • 職員間の適切な役割分担(いわゆる介護助手の活用等)の取組等を行っていること。
  • 1年以内ごとに1回、業務改善の取組による効果を示すデータの提供を行うこと。

生産性向上推進体制加算(Ⅱ)の算定要件

  • 利用者の安全並びに介護サービスの質の確保及び職員の負担軽減に資する方策を検討するための委員会の開催や必要な安全対策を講じた上で、生産性向上ガイドラインに基づいた改善活動を継続的に行っていること。
  • 見守り機器等のテクノロジーを1つ以上導入していること。
  • 1年以内ごとに1回、業務改善の取組による効果を示すデータの提供を行うこと。

生産性向上推進体制加算の取得単位

  • 生産性向上推進体制加算(I)・・・100単位/月
  • 生産性向上推進体制加算(Ⅱ)・・・10単位/月

生産性向上推進体制加算のQ&A

詳細が発表されていないため、分かり次第追記します。

生産性向上推進体制加算の解釈通知など

詳細が発表されていないため、分かり次第追記します。

コメントを残す