お知らせ!
相談掲示板ができました!

退所時栄養情報連携加算とは?算定要件とポイントのまとめ!【令和6年度改定】

退所時栄養情報連携加算とは?算定要件とポイントのまとめ!【令和6年度改定】

記事内に広告を含みます

退所時栄養情報連携加算の概要

介護保険施設から、居宅、他の介護保険施設、医療機関等に退所する者の栄養管理に関する情報連携が切れ目なく行われるようにする観点から、介護保険施設の管理栄養士が、介護保険施設の入所者等の栄養管理に関する情報について、他の介護保険施設や医療機関等に提供することを評価する新たな加算を設ける。

退所時栄養情報連携加算の対象事業者

介護老人福祉施設、地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護、介護老人保健施設、介護医療院

退所時栄養情報連携加算の算定要件は?

退所時栄養情報連携加算の算定要件

  • 厚生労働大臣が定める特別食※を必要とする入所者又は低栄養状態にあると医師が判断した入所者であること。
  • 管理栄養士が、退所先の医療機関等に対して、当該者の栄養管理に関する情報を提供する。
  • 1月につき1回を限度として所定単位数を算定する。
厚生労働大臣が定める特別食

疾病治療の直接手段として、医師の発行する食事箋に基づき提供された適切な栄養量及び内容を有する腎臓病食、 肝臓病食、糖尿病食、胃潰瘍食、貧血食、膵臓病食、脂質異常症食、痛風食、嚥下困難者のための流動食、経管栄養のための濃厚流動食及び特別な場合の検査食(単なる流動食及び軟食を除く。)

退所時栄養情報連携加算の取得単位

70単位/回

コメントを残す