お知らせ!
相談掲示板ができました!

地域連携会議実施加算とは?算定要件とポイントのまとめ!【令和6年度改定】

地域連携会議実施加算とは?算定要件とポイントのまとめ!【令和6年度改定】

記事内に広告を含みます

地域連携会議実施加算の概要

2021年に創設された「定着支援連携促進加算」が2024年に名称が変更されました。

関係機関等との連携を強化し、個別の支援における協力関係を常時構築するため、関係機関等とのケース会議等を実施することが評価される加算です。以前は、就労定着支援のみ算定かのうでしたが、さらに就労移行支援、就労移行支援(養成)でも算定可能になりました。

地域連携会議実施加算の対象事業者

就労移行支援、就労移行支援(養成)、就労定着支援

地域連携会議実施加算の算定要件は?

地域連携会議実施加算(Ⅰ)の算定要件

  • サービス管理責任者が支援計画等の原案の内容及び実施状況(利用者についての継続的な評価を含む。)について説明を行うとともに、関係者に対して、専門的な見地からの意見を求め、支援計画等の作成、変更その他必要な便宜の供与について検討を行った場合。

地域連携会議実施加算(Ⅱ)の算定要件

  • サービス管理責任者以外の職業指導員、生活支援員、就労支援員が支援計画等の原案の内容及び実施状況(利用者についての継続的な評価を含む。)について説明を行うとともに、関係者に対して、専門的な見地からの意見を求め、就労移行支援計画等の作成、変更その他必要な便宜の供与について検討を行った上で、所等のサービス管理責任者に対しその結果を共有した場合。

地域連携会議実施加算の取得単位

地域連携会議実施加算(Ⅰ)地域連携会議実施加算(Ⅱ)
就労移行支援
就労移行支援(養成)
583単位/回408単位/回
就労定着支援579単位/回405単位/回

算定は(Ⅰ)(Ⅱ)合わせて1月につき1回かつ1年につき4回を限度。

地域連携会議実施加算のQ&A

厚生労働省から情報が発表され次第、情報の更新を行います。

地域連携会議実施加算の解釈通知など

厚生労働省から情報が発表され次第、情報の更新を行います。

コメントを残す