【2022年版】IT導入補助金がまもなく開始!変更点やスケジュールまとめ!

ワイズマンを導入したメリットとデメリットは?おすすめの事業種別は?

ワイズマン

介護ソフトメーカーでトップシェアの「ワイズマン」。ワイズマンのメリット・デメリットをまとめました!

メリットとデメリット

サクッと内容が分かるようにまとめました。

メリット
  • LIFE完全対応
  • タブレットで記録がどこでっもできる
  • 予定を立ててケアをすることができる
  • 地域医療連携が強い

デメリット
  • 高い
  • 5年縛りしかない
  • セキュリティーキーの紛失に注意が必要

メリット

LIFE完全対応

ワイズマン LIFE

ワイズマンはLIFEのすべての加算に対応しています。どの事業種別でもどの加算でもワイズマンを契約すればデータ提出まですることができるので、LIFEの加算を複数事業種別で取得している場合にはおすすめです。

タブレットで記録がどこでもできる

ワイズマンには3つのタブレットアプリがあります。

  • 居宅支援事業所向け「すごろくケアマネ」
  • 施設・通所事業所向け「すごろくTablet」
  • 訪問系事業所向け「すごろくHome」

ワイズマンはクラウド型のシステムなので、タブレットを持って外に行ったとしても記録をしたり情報を見ることができます。

・施設・通所系事業所向け「すごろくタブレット」

・訪問系サービス事業所むけ「すごろくHome」

訪問看護では計画書を作成したり、報告書を作成することもできます。事業所に戻らずとも、パソコンが無くても計画書や報告書が作成できるのはかなり大きいメリットです。

予定を立ててケアをすることができる

ワイズマン 予定

LIFEのPDCAサイクルを行う際にも重要になりますが、予定を立てそれに沿ったケアなどを実施することができます。通院や往診の予定なども立てることができるので日々の業務の予定を漏らすことなく行なえます。

地域医療連携が強い

ワイズマンは電子カルテも開発しており、介護施設と病院、利用者家族等の情報連携システムの「MeLL+(メルタス)」があります。

法人内の情報共有ができるのはもちろんですが、利用者家族へ向けた情報提供や、病院との情報共有など様々な場面で活躍します。

他の病院や事業所との会議の予定や議事録を管理したり、情報を一元管理できる、ワイズマンの一番の強みです。

安定したシステム

画像はイメージです

ワイズマンはサーバーが強く「動画が重い」「サーバーが落ちた」という話は聞きません。他社の介護ソフトで、特に費用が安く済むメーカーは請求時期に重くなったり、サーバーが落ち使えなくなることが多い印象です。

費用はそれなりに高いですが、それほどの品質を保っているので納得です。

デメリット

高い

高機能でサポートも厚いのでそれなりの導入費用がかかります。月額数千円のような安価なソフトではなく、数十万~数百万のシステムになります。介護ソフトのトップシェアはほとんど同じような金額帯ですが、

5年縛りしかない

カレンダー

ワイズマンの契約は「5年間使用権パック」しかありません。言い換えれば「5年縛り」です。

5年以内に解約しても、その分の費用は返金されません。5年間使うことが大前提になり、5年間は他のソフトに変えても二重に費用を払うことになります。

セキュリティーキー(USB)の紛失等に注意

USB
画像はイメージです

ワイズマンはクラウド型のシステムですが、セキュリティーキーというUSBメモリーを使うことでシステムの起動ができる仕組みになっています。クラウド型のためどのパソコンからもアクセスされては個人情報が守れないので、USBメモリーでセキュリティーを守っています。

しかし、このセキュリティーキーを紛失したり、破損してしまった場合システムの起動ができなくなるため、何度も差し替えたり、誤って中のデータを消去してしまったりした場合には再設定が必要になります。

ワイズマンが向いているのはどんな事業所?

ワイズマンが向いている事業所は

・複数の事業所を運営している

・タブレットを使いたい

・LIFEの加算を取得したい

・安定したシステムを使いたい

です。

比較的大規模な事業所や複数拠点を運営している法人などにおすすめのソフトです。すべての情報を一括管理できますし、MeLL+を使えば

ワイズマンが向いていないのはどんな事業所?

ワイズマンが向いていない事業所は

・事業所の数が少ない

・LIFEへのデータ提出をしない

・費用に対して事業規模が合わない

です。

介護ソフトの資料請求はこちら

介護ソフトはワイズマン以外にもたくさんの介護ソフトがあります。

たくさんある介護ソフトの中から、あなたに合っている介護ソフトを選ぶには、色々な介護ソフトを知る必要があります。

介護ソフトナビでは、多くの介護ソフトからまとめて資料請求が可能になっています。介護ソフトを検討している方はまずは資料請求をするところから始めてみてください。

介護ソフトナビ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA