お知らせ!
相談掲示板ができました!

在宅中心静脈栄養法加算とは?算定要件とポイントのまとめ!【令和6年度改定】

在宅中心静脈栄養法加算とは?算定要件とポイントのまとめ!【令和6年度改定】

記事内に広告を含みます

在宅中心静脈栄養法加算の概要

在宅中心静脈栄養法を行っている利用者に対して、必要な薬学的指導を行った場合に算定できる加算です。

在宅中心静脈栄養法加算の対象事業者

居宅療養管理指導

在宅中心静脈栄養法加算の算定要件は?

在宅中心静脈栄養法加算の算定要件

  • 在宅中心静脈栄養法を行っている利用者に対して、その投与及び保管の状況、配合変化の有無について確認し、必要な薬学的管理指導を行った場合に、1回につき150単位を所定単位数に加算する。
  • 医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律第39条第1項の規定による高度管理医療機器の販売業の許可を受けている又は同法第39条の3第1項の規定による管理医療機器の販売業の届出を行っていること。

在宅中心静脈栄養法加算の取得単位

150単位/回

在宅中心静脈栄養法加算の解釈通知など

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律第39条第1項

第三十九条 高度管理医療機器又は特定保守管理医療機器(以下「高度管理医療機器等」という。)の販売業又は貸与業の許可を受けた者でなければ、それぞれ、業として、高度管理医療機器等を販売し、授与し、若しくは貸与し、若しくは販売、授与若しくは貸与の目的で陳列し、又は高度管理医療機器プログラム(高度管理医療機器のうちプログラムであるものをいう。以下この項において同じ。)を電気通信回線を通じて提供してはならない。ただし、高度管理医療機器等の製造販売業者がその製造等をし、又は輸入をした高度管理医療機器等を高度管理医療機器等の製造販売業者、製造業者、販売業者又は貸与業者に、高度管理医療機器等の製造業者がその製造した高度管理医療機器等を高度管理医療機器等の製造販売業者又は製造業者に、それぞれ販売し、授与し、若しくは貸与し、若しくは販売、授与若しくは貸与の目的で陳列し、又は高度管理医療機器プログラムを電気通信回線を通じて提供するときは、この限りでない。

 前項の許可は、営業所ごとに、その営業所の所在地の都道府県知事(その営業所の所在地が保健所を設置する市又は特別区の区域にある場合においては、市長又は区長。次項、次条第二項及び第三十九条の三第一項において同じ。)が与える。

 第一項の許可を受けようとする者は、厚生労働省令で定めるところにより、次の各号に掲げる事項を記載した申請書をその営業所の所在地の都道府県知事に提出しなければならない。

 氏名又は名称及び住所並びに法人にあつては、その代表者の氏名

 その営業所の構造設備の概要

 法人にあつては、薬事に関する業務に責任を有する役員の氏名

 次条第一項に規定する高度管理医療機器等営業所管理者の氏名

 第五項において準用する第五条第三号イからトまでに該当しない旨その他厚生労働省令で定める事項

 その営業所の構造設備が、厚生労働省令で定める基準に適合しないときは、第一項の許可を与えないことができる。

 第五条(第三号に係る部分に限る。)の規定は、第一項の許可について準用する。

 第一項の許可は、六年ごとにその更新を受けなければ、その期間の経過によつて、その効力を失う。

コメントを残す