【2022年版】IT導入補助金がまもなく開始!変更点やスケジュールまとめ!

行動障害支援連携加算とは?算定要件とポイントのまとめ!【令和3年度改定】

行動障害支援連携加算

行動障害支援連携加算の概要

サービス提供責任者と計画作成者が連携して利用者の状態の評価や計画の作成を行い、サービスを提供した場合に算定できる加算です。

行動障害支援連携加算の対象事業者

重度訪問介護

行動障害支援連携加算の算定要件は?

行動障害支援連携加算の算定要件

・サービス提供責任者が支援計画シート・支援手順書を作成した者に同行して利用者の居宅を訪問し、利用者の心身の状況等の評価を計画作成者と共同して行うこと。

・重度訪問介護計画書を作成し、計画作成者と連携しサービスの提供を行った時。

行動障害支援連携加算の取得単位

584単位

※初回のサービス提供日から起算して30日間に1回を限度として加算。

行動障害支援連携加算の解釈通知など

指定サービス費用算定基準

5の2 行動障害支援連携加算 584単位

注 利用者に対して、指定重度訪問介護事業所等のサービス提供責任者が、サービス事業所又は指定障害者支援施設等の従業者であって支援計画シート及び支援手順書(第4の1の注2において「支援計画シート等」という。)を作成した者(以下この5の2において「作成者」という。)に同行して利用者の居宅を訪問し、利用者の心身の状況等の評価を当該作成者と共同して行い、かつ、重度訪問介護計画を作成した場合であって、当該作成者と連携し、当該重度訪問介護計画に基づく指定重度訪問介護等を行ったときは、初回の指定重度訪問介護等が行われた日から起算して30日の間、1回を限度として、所定単位数を加算する。

▼令和3年度障害者福祉の改正情報はこちら

令和3年度改正情報まとめ【令和3年度改正】障害福祉サービス等報酬改定情報まとめ

▼令和3年度の介護保険改正情報はこちら

【令和3年度改正】介護保険報酬改定情報まとめ【令和3年度改正】介護保険報酬改定情報まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA